【ハッピーメール】 口コミ・体験談

ハッピーメールで出会った地元の女性

20代男性 2015/11/23

私は大学生の頃、非常に彼女が欲しいと思えた時期がありました。
というのも高校、大学と共学ではあったものの女性との出会いが非常に少なかったからです。

そこで私は出会い系サイトに当時は勢いだけでよく考えずに登録してしまいました。
最初は怖かったのですがメールのやりとりをしているうちに女性との会話のコツや何の話題がNGなのか分かってくるようになりました。
そしてある日、とある女性から「あなたに一度会いたいので是非お会いできませんか?」というメールを受け取りました。

初めてのデートの誘いに当時の私は嬉しいような「いやまさか罠では?」等のひどい妄想までしてしまいました。
しかし、当時のあまり考えずイケイケだった私はその誘いにOKを出して会う約束を取り付けました。
そして相手から指定された待ち合わせ場所は何と地元の駅でした。

下手すると地元の同級生とハチ合わせしてしまいかねないリスクを抱えつつ、当日になり普段は着ていない服でオシャレをして、待ち合わせの地元の駅へ向かいました。
浮かれていたのか約束の時間まで30分も早く着いてしまったのでしばらく待ちぼうけをするハメになりました。
この時に地元の同級生と出会わないかという危険は特に考えず駅の広場で一人(おそらく変にニヤニヤしながら)待っていました。

そして約束の時間の10分前にデートの約束をした女性が現れました。
見た感じは凄く活発そうな見た目でしたが話し方は上品な感じを漂わせる社会人の女性でした。
ルックスは中の上、スタイルも中々でこんな上玉の女性といきなりデートとは今まで女性との出会いが無かった嘆きを清算するほどの嬉しさでした。

早速彼女と一緒に何駅か離れた場所にある映画館へ行きました。
しかし上映時間的にどれも待ち時間が長かったため、二人でランチへ行く事にしました。
事前に調べておいたイタリアンなレストランへ迷わず向かうも昼前だったせいで、やや混雑していたため少し待つことになってしまいました

。待っている間に彼女に「なぜ自分にデートのお話を?」と聞いてみると「面白い話をしてくれるけど気遣いが垣間見えたから」という事です。
そういう話をしているうちに順番が回ってきて店内へ入り、ランチを楽しみました。

そこで彼女と一緒に見たい映画を話し合い、当時話題作だった某魔法使いの映画を見ることにしました。
映画が見終わった後は次にゲームセンターへ立ち寄りメダルゲームやクレーンゲームで遊んだりしましたが楽しい時はあっという間に過ぎ去り、気が付けば19時になっていました。

最後に彼女と連絡先を交換してその日は別れました。
しかし、その後彼女とは連絡が取れなくなり(教えてもらった連絡先がどれも繋がらず、彼女はハッピーメールも退会していた)、私自身も彼女が欲しい!という願望が薄れたせいか、思えば美人局に出会っていたかもしれない可能性もありましたのでそれ以来出会い系は利用しなくなりました。